この一年と、母の認知症を振り返って思うこと。

IMG_20151216_223210

今年もいよいよ、あとわずかとなりましたね。

今年は、母の介護認定を受けたり、一番上の姉が母と一緒に暮らしてくれるようになったり、デイサービスにいくようになったりと、とても変化の多い一年になりました。

最近の母は、とてもごきげんで、ちょっと前までの攻撃性はなくなりました。

相変わらずの訳のわからない発言や、行動はありますが、、穏やかに和やかに過ごしてもらえればそれでもいいかなぁ、と思っています。

振り返ってみると、母の機嫌は、私たち周りの空気にすっごく左右されています。

母の言うことは、いつも、ただしいことばかりではないので、(例えば妄想であったり、思い込みの強さだったり) 当然、

「そうじゃないよ」

「そんなことないよ」

「あんまり心配しないで」

そんなふうに言っていたのだけど。

否定ばかりする私に対してきっと不信感がわいていたんだろうなぁ。って今になって思うんだ。

なんで、母は、私がお金を盗ったとか言うんだろう?こんなに一生懸命してるのに!!って、すっごく悔しい思いもしたけれど。

母の言葉を受け入れようとしなかった私がそうさせてたんだ。

姉は、そんな母と暮らしだして、母の機嫌を壊さないように。

母の今の状態を受け入れて、否定することもなく寄り添ってくれている。

今の母の穏やかさは、ほんとに姉のおかげ。そう思うんだ。

パッと見、ごきげんだし。穏やかだし。

私からは落ち着いているように見えても、しっかり?認知症はすすんでいて、姉も戸惑うことが多いそう。

「えっ?まじで?、、、信じられない」

できることなら認めたくない現実。

だけど、側にいて見ていてくれている人の言葉が一番の真実なんだ。

姉としっかり連携をとって、母を見守っていこうと強く思います。

スポンサーリンク
google-ads336
google-ads336

いつも応援ありがとうございます。
あなたの「ポチっ」が励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google-ads336