母の日を前に思うこと。

IMG_20150419_125529

子どもって、欲しいときにすぐにできるものだと思ってた私。

だけど、いざ欲しいと思ったら、なかなかできなくって。長い不妊治療の末、ようやく結婚8年目に我が家にも双子の兄妹がやってきてくれたんだ。

双子を妊娠する前、流産の経験があった私には、とにかく無事に産める自信がなくて、いつも祈るような気持ちで過ごしていたの。

切迫流産を乗り越え、ちょっと落ち着いたかと思ったら今度は切迫早産で、3ヶ月の入院。

お腹の張りを押さえるための薬を24時間点滴して、病室から出ることさえも禁じられ、トイレ以外はベッドの上、という生活だったけど、それでも不安で不安でしょうがなくて。ちょっと出血したからって、泣いてナースコールしたり、トイレにいくのさえ、怖くって、心臓はいつもバクバクしてて。

そんなとき、お見舞いに来てくれていた母が言ったんだ。

「子どもなんて、元気に産まれて来るのが普通なのよ。なんの心配がいるね!?」って。

そう。

その時の私には、妊娠したことが奇跡になってたから。だから、無事に産むってこともすっごい奇跡のように思ってたんだ。

だけど、母のその言葉で、「そっかあ。私、そんなに心配しなくってもいいんだ」って思えて、スッゴク気持ちが前向きに、そして、強くなれました。

「大丈夫、大丈夫。ちゃんと元気に産まれて来てくれる。」そう思うことができました。

いま、こうして、3人の子どもたちに囲まれて、毎日がてんやわんやですごしてられるのは、あの時の母の言葉があったから。

そして、

「何も心配することはない」そう言いながらも毎日お見舞いにきてくれてた母が、実は誰よりも心配してくれてたのかもなぁ。って、改めて思う。

そんな母も今では、私が娘であることをすっかり忘れてしまいました。

それでも、私は、変わらず母の娘。

何度だって自己紹介するよ。

あのさぁ。ママ。

ずっとずっと、ありがとう。

私はママに何をしてあげられるかな❓

スポンサーリンク
google-ads336
google-ads336

いつも応援ありがとうございます。
あなたの「ポチっ」が励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google-ads336