考えてもしかたのないことだけど。

IMG_20150128_185823

私の脳内メーカー。

多分、母母母母母母、そして、なんだろう?

やっぱり母母母。

それしかないかもな。

なんで、母は、3人姉妹のなかで、私のことを一番に忘れてしまったんだろう?って。そればかり。

父が亡くなってから、母が寂しい思いをしないように。

母に何かあっても困らないようにすぐに飛んでいって。

ずっと母のそばにいたのは、私だった。

だから、いつか母が3人の娘たちのことを忘れてしまう日が来ても、自分は、きっと一番最後だとおもってたんだ。

かるーく裏切られた感。

母の愛情さえも信じられなくなっていたんだ。

そんなことばかり考えて毎日過ごしていて、ふと、思ったんだ。

「子どもに迷惑はかけられない」が口癖の母だったから、

「いつも、あんたにばっかり頼ってごめんね。」って言っていた母だったから。

これも、母の愛情の形なのかもしれないな。って。

「あんたみたいな娘はいない。」

この言葉で

何回罵られても、離れることが出来なかった私の気持ちが、すーっと離れていったんだ。

でもさ。

ママ。

ほんとにそれでいいの?

ほんとに寂しくないの?

私は、寂しいよ。毎日毎日、何をしてても、寂しいよ。

私のこと、忘れててもいいから。

どうか、拒絶しないでほしいんだ。

スポンサーリンク
google-ads336
google-ads336

いつも応援ありがとうございます。
あなたの「ポチっ」が励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google-ads336