私からの「母の日」

image

母の日の昨日。

長男を学生寮まで送り届け、その足で実家にいってきましたよん。

母の好きなあまーいケーキを手に♪

認知症の母は、私たち3人の娘の名前や、その存在さえも忘れてしまうから。

だから、「母の日」なんてのも、もうわかんないのかもなー。なんて不安もあったんだけど。

歳をとってどんどん子どものようになってく母。

甘いものがだーいすきで、お菓子をあげると、とっても喜んでくれるんだ。

そう。まるで子どものように喜んでくれる。

そんなふうに喜んでくれる母の顔をみたらさ。

もう、わからなくっても全然構わないや。

元気でいてくれてありがとう。

たくさんの愛情をありがとう。

だってさ。

今まで母が私にしてくれたこと。

母の思いを。

私だって、ちゃんと、感じられてなかったからさ。

きっと、

大人になって、結婚して、自分が親になって。

そして少しづつ?

うーん。

それもあるかもしれないけど。

やっぱり、母が認知症になってからなんだよね。

足元のおぼつかない、そんな母の手を私が引いて歩くようになってから。

今まで見えなかったことが見えてきた。

そして、

母の思いを感じるようになった。

ようやくわかってきたような気がするんだ。

すごいね。

親の愛情って。

なかなか、真似できないや。

でもね。

がんばるんだ。

今度は私からの無償の愛❤ナンチャッテ

スポンサーリンク
google-ads336
google-ads336

いつも応援ありがとうございます。
あなたの「ポチっ」が励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google-ads336