愛されてる実感。

IMG_20141128_205607

母が作ってくれるお弁当にはいつも、ちっちゃな便せんの手紙がそえられていました。

部活動がんばってね。とか、風邪早く治してね。とか、今日の卵焼きはちょっと甘さがたりないかも。とか、他愛もない短い文章だったけど、毎回とてもたのしみに、でも、ちょっと照れくさくって、まわりにきづかれないようにこっそり読んだりしてました。

歳をかさねるごとに、あんなにシッカリ者だった母が、今ではまるでこどものよう。いつも私を頼ってきてくれるので、私も、ついつい勘違いして、「してあげている」気持ちになってました。

だけど、最近思うこと。
「親は、親」そう、どんなに歳をとっても。
立場が変わることはないんだよなぁ。

だとしたら「してあげている」って思っていたけど、ほんとは、やっぱり母からしてもらっていることの方が断然あって、私が「してあげている」って思ってたことは、母のそれにくらべれば、全然大したことではないんだろうなぁ。

「親って、すごい!」

親の愛ってほんとに、ありがたいなぁ。親の愛にはかなわないや。

パパとママ、二人の娘に産まれてきて、ほんとに嬉しいよ。
ありがとね。

スポンサーリンク
google-ads336
google-ads336

いつも応援ありがとうございます。
あなたの「ポチっ」が励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google-ads336